新年例会

・深瀬先生:「てい鍼を使った診断と治療」
指のNSを利用

 

銀・ステンのてい鍼(針を刺す側)→N
金・チタンのてい鍼(指で引く側)→S

 

合谷N・曲池S:顔面
局地N・合谷S:喉

 

五要穴と十要穴

 

陰陽交差の治療

 

ダイナミック・キネシオン(後ろにN、前にS)

ひまわり

・会田先生:今年のテーマは「腹診」診断をしっかりと組み立てられるように。
漢方薬は将棋(証が決まっていて、駒の進む方向も決まっている)
針は囲碁(打つ場所によって効果が変わる)

 

低ホドマップ食事法について
副腎疲労度のチェック

 

穴と経絡、経絡相関、陰陽交差取穴、奇穴治療

 

四診法:現病証と素因証(見分けるための腹診)ツボは少なめに(シャープに効かせる)

 

新年会は「日本海(寿司)」にて、とても美味しいお食事を頂きました。今年もよろしくお願いいたします。

 

2月の例会は18日(第3日曜日)です。3月も18日(第3)

 

 

コメント